MENU

新日本スポーツ連盟への加盟・登録手続きの実施要綱注意点


杉並卓球協議会

1.登録方法
 @登録は杉並の地域協議会で行いますので、東京卓球協議会への【直接申込】【送金】はしないで
  下さい。
  杉並卓球協議会に登録することで、自動的に東京卓球協議会にも登録されます。
  クラブの登録地域は、基本的に構成メンバーの住所が半数以上ある地域に所属が決定されますが、
  勤務先のクラブ及び伝統的に練習会等が特定の地域において行われている場合は『在クラブ』と
  して、その地域の所属を認めます。
 Aチームとしての加盟登録は登録者が4名以上居ることが条件です。4名以下の場合は個人登録と
  なります。
 B加盟登録は東京リーグへの登録も兼ねています。
 C太枠の中は全て記入して下さい。選択肢はいずれかひとつを○で囲んで下さい。
 D登録申請書は1チームにつき1枚を使用して下さい。
  複数チーム登録の場合は、各チームごとに登録申請書をコピーして記入して下さい。
 E新規加盟クラブは、新規を○で囲んで下さい。クラブコード番号記入の必要はありません。
 F既に加盟のクラブ及び個人がチームを追加する場合は、追加を○で囲み申請書に記入してクラブ
  コード番号を必ず記入して下さい。
  チーム編成に変更のない場合は、印字された申請書をそのまま返送して下さい。
  また、変更があった場合の記入は全て赤字で記入をお願いします。
 Gチーム欄については、1チームの場合は空欄。
  複数チームの場合は強い順にA・B・Cの順で記入して下さい。
 H登録者全員の生年月日・住所(郵便番号を含む)氏名を正確に記入して下さい。
 Iチームの訂正や選手の追加がある場合は、登録申請書の選手情報を記入する空欄に赤字で記入。
  削除の場合は赤で2本線を引いて下さい。
 Jクラブ名・代表者は出来るだけ年間変更のない様にして下さい。
  クラブ代表者は1クラブ1名ですが、ひとつのクラブに男子部と女子部があって、男女別にした
  い場合のみ、各1名ずつの代表者を認めます。

2.選手登録について
 @同一クラブで複数チームが登録していて東京リーグに参加する場合、上のチームから下のチーム
  へのメンバー変更は出来ませんが、下のチームから上のチームへは2名以内のメンバー変更が出
  来ます。
 A前期にクラブ登録した選手は、年間を通して他のクラブへの移籍は出来ません。
 B後期に前期登録したクラブを退会して、個人登録に変更することが出来ます。その場合はチーム
  登録と個人登録の費用の差額(1,800円-1,200円=600円)を支払います。
  また、前期に個人登録していた選手が後期にクラブに所属し、クラブ登録に変更することが出来
  ます。その場合、登録費の差額は返却されません。
 C4人以上で1チーム登録したクラブが前期リーグに出場しなかったメンバー、または、出場しな
  かったメンバーと追加メンバーでBチームを後期登録することが出来ます。
 D地域を問わず、スポーツ連盟内の複数のクラブまたはチームに、二重登録することは出来ません

3.加盟費・リーグ戦参加費について
 @前期登録の場合は1年分。後期登録の場合は半年分を一括して納入します。

クラブ加盟費 前期登録 1人につき 月額200円×12ケ月=2,400円
後期登録 1人につき 月額200円× 6ケ月=1,200円
個人加盟費 前期登録 1人につき 月額300円×12ケ月=3,600円
後期登録 1人につき 月額300円× 6ケ月=1,800円

 Aひとつ以上のチームを登録するクラブは、その中に個人登録者を入れることができます。
  【例】女子4名・男子3名で登録する場合、女子は4名でクラブ登録条件を満たしていますが
     男子は3名なので、クラブ加盟登録は出来ませんが、女子のクラブの中に個人登録とし
     て登録することが出来ます。この時の加盟費はクラブ加盟費が適用されます。
 Bリーグ戦参加費は1チーム4,000円です。申込書は後日別途送付されます。